特集・樹木の健康診断 樹木診断機器「レジストグラフ」

レジストグラフ

レジストグラフは、樹幹に細いキリを挿入して、材の健全度を測定する診断機器です。直径1.5mmの細いキリを樹幹に挿入し、キリにかかる抵抗値を測ります。抵抗値が実寸で記録されるため、解析しやすいことが大きな特徴です。街路樹の調査だけでなく、木製遊具の安全管理、木造建物の強度管理など幅広く活用されています。

精密検査を実現するシステム

下の写真は、樹木の腐朽部分とレジストグラフの測定結果です。キリを挿入した際の抵抗が大きければ、樹木は健全です。しかし抵抗が弱かったり、あるいは殆んど抵抗がない場合は、腐朽しているか空洞化している恐れが十分あるため、注意が必要になります。画像中、用紙の右側への波形が抵抗の大きいことを示しています。

(クリックすると拡大します)

●測定時のデータ●
  • 対象木  ケヤキ
  • 測定機種 レジストグラフ M300
  • 測定速度 20cm/min
  • 外観要件 打診音異常
  • 内部腐朽の可能性大
  • 植栽状況 街路・並木

(福岡県某所)

レジストグラフの種類

レジストグラフ PDタイプ

レジストグラフ PDタイプ

完全デジタル処理となった新タイプ。
2種類のデータ(回転・貫入)の波形を表示します。
深さ300mm~最大1000mmまで記録可能な深さごとの機種を揃えております。
測定速度を変えることで、硬材、軟材に対応。

■ その他の機種

成長鐘

樹幹のコアーサンプルを採取するための器材です。

成長鐘

フラクトメーター

樹幹のコアーサンプルを採取するための器材です。

フラクトメーター

マイクロハンマー

樹幹のコアーサンプルを採取するための器材です。

マイクロハンマー

樹木診断機器「レジストグラフ」 樹木診断機器「ガンマ線樹木腐朽診断機」
特集「樹木の健康診断」のTOPページにもどる